カジノのピットマネージャー

カジノのピットマネージャー

カジノの組織構造は非常に複雑です。数多くの人が関わり、常に人々で溢れています。カジノの秩序を保つためには、たくさんの業務を円滑に処理しなければなりません。カジノが少人数の人々の内輪でのやり取りだった時代ははるか昔のことです。現在では事情がまったく違います。カジノの正常な営業のために多数の従業員が勤務しているのです。実際、従業員間のほんの些細な混乱や伝達の間違いがカジノ全体の運営に深刻な影響を及ぼしてしまうこともあります。ピットマネージャーはカジノの従業員の中でも特に重要な職位です。カジノビジネスにとってフロアの安定した運営は、最重要事項でありピットマネージャーの手腕次第なのです。 ピットマネージャーとは何か? ピットマネージャーはピットボスと呼ばれることもあります。従業員たちを監督し、従業員たちの勤務について責任を負う職位です。カジノピットの各従業員の業務をボスとして管理するのがピットボスです。フロアにいる全員に目を配りつつ、何かあれば、通常、フロアの接客担当者に対応を指示します。問題の規模や深刻さによってはピットボスが自身で解決に乗り出すこともあります。ピットボスとは、ディーラーとフロアパーソン、さらにはプレイヤーまで含めた一括管理の責任者と言い換えることも可能です。この職務は、以前はカジノマネージャーが担っていましたが、カジノ業界の成長に伴い、独立した業務として専門の人員を配することになりました。ピットマネージャーの業務には、手違いなどの有無を確認し、プレイの公正性を確保することも含まれます。 プレイヤー間の諍い  カジノのテーブルで諍いが起きることは珍しくありません。意図的か否かを問わず、口論はゲームの一部なのです。ピットマネージャーは、各ゲームの順守すべきルールを正しく理解しておく必要があります。ルールの明確な理解がカジノテーブルで発生する諍いを解決する基盤となります。ディーラーやフロアパーソンが言い争いを解決できなかった場合、フロアでの最終的な裁定を下す権限のあるピットマネージャーの出番となります。諍いの重大さ次第では、カジノのさらに上位の監督職が関わってくる事もあります。ピットマネージャーの職務には書類仕事も含まれています。 ペーパーワーク どんなビジネスにも書類仕事は付き物です。カジノでのペーパーワークは、煩雑で複雑怪奇なものにならざるを得ません。通常、ピットマネージャーとフロアの監督責任者が書類の処理を担当し、ディーラーのスケジュール管理、シフト変更、私用休暇、長期休暇、来場客とのやり取り、指導、保護、さらにはテーブル毎の勝敗率について責任を負います。ピットマネージャーの報酬はフロアパーソンの報酬よりもずっと高額で、また、ディーラーの売上高の一部すらも得られるのです。ピットマネージャーは多忙な職位ですが、その激務に見合った収入が支払われます。 結論 ピットマネージャーはカジノフロアで重要な職務を担います。スケジュールを管理し、不正を見抜き、フロアの接客担当と監督責任者に指示を与え、諍いを解決することがピットマネージャーの仕事です。こうした業務以外に、ペーパーワークもこなさなければなりません。トレーニングや長期休暇、各手続きにおける規程順守の責任も負うことになります。また、カジノでピットマネージャーとして勤務するからにはカジノゲームについて知り尽くしていなければなりません。ゲームの状況を瞬時に見定める能力と不正行為の手口についての深い知識も必要なのです。
Read More